身長を伸ばす!ドットジェイピー

当サイトでは子供さんや背丈の伸びに関するお悩みや、どのようにして身体の発育
を促進させる事が出来るかという情報を掲載しております。

身長を伸ばすということは当然、親御さんだけでなく本人自身にとってもとても重要
な事柄であると思いますが是非、さまざまなメカニズムをお知りになり試してみては
いかがかと存じます。

特に日本人の身長は戦後著しく伸びましたが、まだまだ伸びる余地はあると思います。   何とか男子の平均で177センチ位を目標にしてこれからの日本人を大きく
して行きたいと考えております。

成長に必要な要素とは何か!


スポンサードリンク


身長をもっと高くするには、様々な要素があると思います。
特にまだ成育過程にある子供に関しても将来が気になるところです。
やっぱり、背が大きい方が実際に見た目ににも良い方にはたらきますね!
だけど父も母も身長が低いから、私はダメかな〜 きっと遺伝で私も低いんだな〜と、あきらめている人もいるかも
知れません。
確かに身長の発育には遺伝的要素は多いに関係があることは知られている ところです。

身長予想算出フォーム

しかし実際には両親より高くなる場合もめずらしくないケースが殆んどではないかと思います。
背丈の発達に関しては親から受け継ぐ要素を上回るものとして生活環境があると確信しています。


というのは身長を伸ばすには成長ホルモンが大きく関与することは周知の通りですが、このホルモンの分泌を
司る器官は脳下垂体です。
この内分泌器官はものすごく精神とつながりがあると、私自信、経験と確信があります。身長の発達とはちょっと
違いますが、筋肉の増加にも必要不可欠なこのホルモンは不安や気持ちの落ち込み時には通常より分泌が
少なくなる
ということを実感したことがあります。
同じ食事や休息をとっても気持ちが前向きでないとダメなんですね。

結論をいうと前向きな精神状態、子供の立場で言えば毎日嬉しくてしょうがない環境が視床下部関連の内分泌器官
の活発な活動を補佐します。

遺伝と身長の関係について

遺伝的要素といっても最大限に身長を伸ばす環境生活を送ったでしょうか?
例えば戦前生まれの方は必ずしも高度成長期以降に生まれた人たちより、見た目でも10cm位背の高さが違うよう
に思われます。

これが何を意味しているかというと、戦前戦中には現在と違い食料不足という生活環境で身長を潜在能力いっぱい
に伸ばす
ことが出来なかったと思われます。
それにもし身体の発育に必要な事柄を欠いていた場合は当然伸びていく能力を最大限に使うことが出来ない場合が
あります。

両親の背の高さが子供の身長に及ぶす割合は2〜3割程度とも言われることもあります。
もし、父親や母親はそれほど大きくなく、子供の身長の成育具合をご心配になるのなら如何に潜在能力の限りに体
の発達を促してやる!ということに尽きると思います。

タンパク質を十分に摂取する。
睡眠を充分にとる。
寝る子は育つ!そうですね!身体は睡眠中に発達します。
楽しく生活する!これも子供の身長の発育には重要な要素です。

適度な運動をすることも食欲を増進させて骨に刺激を与えて成長ホルモンの分泌を活発にするには必要です。
このように様々なことが考えられるため、身長を伸ばす要素を充分に考慮すれば最大限に背丈の向上も可能
です。

成長ホルモンの作用と働き

ヒト成長ホルモンの図

人間の身長の発達には脳下垂体から分泌されるHGH(ヒト成長ホルモン)必要です。
そのHGHは肝臓に働きかけIGF-I(ソマトメジンC)の分泌を促進させます。
これは軟骨細胞を増殖する作用があり、骨の伸長を進めさせます。
また、成長ホルモン自体も直接軟骨細胞に働きかけながら、IGF-I(ソマトメジンC)は骨端軟骨に作用して、長幹骨 (大腿骨など)が長くなり、結果的に身長を伸ばすというメカニズムです。

第二次性徴と骨端線について

第二次性徴以降では急激な身長の伸び幅はあまり期待出来ないといわれていますが、例外もあります。
自然のままに成長していく上では、この時期が一番背が伸びからだも大人に近づきますけれども、忘れていけないのが他の要素は十分に行き渡っているかを考慮すべきです。
栄養や運動など、または精神的要素も大事です。
骨端線の閉鎖後でも数センチならばあきらめる事はないと思います。
人によっては十八歳以降も背がぐんぐんと伸びて行く事もあり、それは一概にはいえませんけれども伸びるという事柄にたいしてポジティブな状況を自然に作れた結果だと思います。
以下にも掲載しているように身体のゆがみやストレスなども阻害要因としてあります。

以外に関連するストレスと身長の関係

人間は心で動いていっているといっても過言ではありません。
ここに背丈の伸展に大きく関連する事としてストレスを上げておきたいと思います。

例えば筋肉の発達も大きく成長ホルモンの分泌に影響されることは知られているところですね。
しかし、いくら充分なタンパク質や栄養をとっても重大な心配事や悩みを抱えているとこのホルモンの分泌にも
影響をあたえると考えられます。
運動選手が環境の良いところで練習したほうが効率がよいのは心が肉体の成長に関連するからだといえます。

これは当然、骨の成長にも当てはまることで、つまり、身長を伸ばすには心をいつも開放された状態に保つ方が
望ましく
、ストレスは大なり小なり悪影響をあたえてしまうので極力避けたいところですね。
ちょっとしたことで、すぐにでも解消されるような事象は子供の時にも社会経験として必要かも知れませんが一考を
要するところです。

つまり、身長を高くするには喜ばしい状態が必要不可欠なんですね。
成人した大人ならばストレス解消などのいろいろな方法をしっているので対処できますが、子供の時はまだそれが
出来ません。

特に、夫婦喧嘩などは大きく子供にストレスを与えてしまいます。
これは子供にすれば安全な場所が崩壊するんではないかというような不安だと聞いたこともあります。
また、子供に対して「お前なんか要らない」と受け取られるような言動はしないほうがよいですね。
こころが萎縮してしまい食欲や運動能力や社交性などにも関連してくるので気をつけたいと思います。

体の歪みにも注意を払いたいですね!

よく聞く話ですが、朝と昼とでは身長に差が出るということがあります。
実際に人によっては3センチ位背が伸び縮みすることもめずらしくないようですね。

これは何を意味するかというと長年不正確な動きや体勢で生活を送っている
とそれだけ身長の高さに影響がでてしまうこともありえるということです。

老年期になって背が小さくなったということは実際に骨格が歪んでしまい縮んでしまったということに
なるんではないでしょうか。

このいために子供の時や成長期などの中高生の時でもまず正しい姿勢を保つように心かけたいところです。

身長を能力いっぱいに伸ばす条件として充分な栄養や骨を成長させるカルシウムやタンパク質やビタミン
の過不足のない摂取。
また発育に欠かせないホルモンの分泌を促進するための精神的余裕などと共に適切な運動も必要となって
きますが、正しい骨格の成長方向と状態も非常に大切な要素だと考えられます。